家を購入するときの審査で大事なものとは?

家を購入するとき、だれでも最初に考えるの事は資金繰りの事ではないでしょうか。
普通は、フラット35住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。
申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。
支払期間は非常に長いので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。
この保険は、申請者に何かあった場合残りのローンの支払義務がなくなる。
といった、家族にもメリットが高い保険です。
フラット35住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利の2種類がありますね! どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
フラット35住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
フラット35住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。

フラット35の審査は厳しい?審査基準を知りたい!【通りやすい方法は?】