住宅ローンを組む際の金利比較と審査について

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行から薦められる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
将来、家を買うために住宅ローンを考えている方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。
普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。
口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。
この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。
分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

住宅ローン審査基準の傾向は?審査に通らない理由!【厳しくなった?】